男グラ傾向と対策

一般審査員対策

世の中で一番受け入れられた男性セラピストが、グランプリとなるわけです。

男グラ2015決勝においてグランプリ決定に大きく決め手になったのは、一般審査員による評価でした。
一般審査員は、男性セラピスト業界のターゲット層である、20~40代の女性達です。
彼女達は、専門家ではないので技術や知識うんぬんではなく、雰囲気に流される傾向があります。
技術や知識があっても、潤滑なコミュニケーションができなければ、低評価となります。
人柄が良く、解決よりも共感というコミュニケーションを行えることが重要です。

特別審査員対策

知識と技術を正当に評価されます。

特別審査員は、美と健康にまつわる業界人です。
一般審査員とは違い、アロマのメーカーへのコダワリや、タオルワーク1つでも評価の対象となります。
きびしい視点の分、個々人の今までの経験や能力、そして才能を適正に評価してくれます。
コダワリなどをうまくアピールできたかどうかが重要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

このページの先頭へ